岩手★建物めぐりのたび Vo.2


さて、岩手二日目のご紹介。



朝こっぱやく向かったのは、崖をくりぬき

そこに寄り添うように建られた達谷窟毘沙門堂。

c0248067_14423934.jpg

あれ?お寺さんのはずなのに入口に鳥居があるぞ?と

不思議に思ったら神仏習合後、分離令が出されてからも

その形を貫いた珍しいお寺さんらしい。


でもね、今年一年は穢れをまとっているわたし。

一応鳥居はくぐらずに通過して

美しい建物たちを堪能しました。



外から見ると崖にくっついているだけに見える毘沙門堂も

中に入ってみるとかなり深く崖が削られていて

毘沙門天さまが並ぶところは天井がゴツゴツした岩肌のまま。

ど迫力な空間でした。

こちらでは「最強のお札」といわれ

厄除けの加護をもつという「牛玉賽印(ごおうほういん)」

が売られていました。


お札を購入し、隣にあるおみくじを引く。

最初に手に触れたものを選んだのですが




やったー!大吉!!

c0248067_14430507.jpg

ご機嫌でお堂を出ます♪





出た先に広がる景色は岩面大仏。

c0248067_14425087.jpg

崖の岩肌に彫られた高さ16.5mもの巨大な磨崖仏。

大きなお顔しか残っていませんが、体は崩落してしまったそう。。。




そこからくるっと回って可愛らしい橋を超えると辨天堂。

c0248067_14425708.jpg

男女一緒に橋を渡ると、辨天さまが嫉妬をして

縁が切れてしまうと言う謂れも。




自然いっぱいの境内をゆっくりと散策し

欲張ってご朱印も三つ頂いてきました。

c0248067_14431401.jpg

駐車場に戻り、きらきら光る川を眺めながら

何気なく足元を見ると四葉のクローバー発見!!




こりゃあいいことあるぞー!




だってこの達谷窟毘沙門堂「再生」や「金運UP」「縁切り」と

「今を変えたい!」という時にぴったりの

パワースポットなのだそうです。


すごくおススメです!




さて、最後は勢いに任せて盛岡の旧岩手銀行赤レンガ館へ。



まー。平泉~盛岡間は遠かった。。。




東京駅を作った建築家が手がけた個性的な建物。

内部も部屋ごとに壁の装飾や天井の飾りを変え

どこを見てもため息の出るレトロな空間でした。

c0248067_14433994.jpg

c0248067_14432958.jpg

当時の金庫や歴史などもお勉強でき充実した時間を過ごし

さて、帰るか~と思った瞬間、どっと疲れが出てきて。。。

帰りは眠気と日差しと戦いながらの運転でした。







あさおかでした。






お電話お気軽に♪ 
まるぜん
 ☎0184-22-5269
お問い合わせはメールでも♪ maruzen@mail.edinet.ne.jp
Facebookもやってます♪
↓ぽちっと押してね↓

にほんブログ村にほんブログ村
人気ブログランキングへ※類似イラスト、類似文章、類似ブログにご注意ください
[PR]
by maruzenjuutaku | 2018-05-16 08:27 | おでかけしました | Comments(0)

由利本荘市にある会社です。おうちの事ならおまかせください


by まるぜん住宅設備
プロフィールを見る