タグ:IHクッキングヒーター ( 3 ) タグの人気記事

 

修理屋さんは名探偵Ⅱ

修理屋さんのおじさんが見事な推理力を発揮したそのあと。

「今は正常に動きますが、スイッチプレートも汚れているし、少しの吹きこぼれで
 また使えなくなるかもしれません。スイッチプレートを交換したほうがいいと思います。」


はい、もう逆らいません。部品を交換してもらうことにしました。
修理モードに入ったおじさんはタオルはちまきで真剣そのもの。

外したプレートを見せてもらいました。
吹きこぼれを確認した方と、反対側のプレートの比較。
c0248067_1483278.jpg

言い訳無用!!とばかりに目で見てはっきりとわかります。。。

せっかく修理屋さんが来てくれたのでここぞとばかりに、質問してみました。

「IHヒーターの修理で多いのはなんですか?」

すると、
「申し訳ないことですが初期不良や機械の故障ということもあります。
 ただ、一番はやっぱりお客様の使い方による故障が多いです」とのこと。

使い方を気をつけて防げる代表的な故障が3パターンあるそうなのでお伝えしますね。

まず、このブログでも何度かお伝えした
★魚焼きを使ったら、ブレーカーが落ちる!というもの。
(原因は「クリーニングをしていないこと」による場合がほとんど)

そして、今回のように
★吹きこぼしてしまった場合。
(対策→タイマー機能を利用してみる、火のそばから離れないこと)

最後に「ナベやフライパンによる故障」だそうです。(ビックリ!)

IHクッキングヒーターは、
電気が流れる天板に触れているナベの底面だけをダイレクトに加熱しているため
底が平らなナベやフライパンじゃないと均等に熱が伝わりません。

ホームセンターなどで売っている、IH使用可と書いている激安ナベなどは底が薄く、
何度か使用するうちに、底が凸凹になってくるそうなんです。
IHの火力に負けてしまうんですね。

それに気づかずに使用し続けると、
凸の部分にだけ電気が流れ過電流のようになってしまい、機械が壊れてしまうんだそうです。
絵にかいてみました↓

c0248067_14141467.jpg


安い鍋を買って高い修理代を払うのでは元も子もないので
底が厚くてちょっといい鍋をおススメしているんですよ、と言っておられました。

わたし自身「なんでこんなに高いの~、ホームセンターでやっすいの売ってるじゃん!」
と思うタイプなので、お客様にお話しするときも気をつけなくちゃ。


高いものには理由があるんですね。またひとつ勉強になりました。

天板も新しいのをサービスしてくれたおじさんのおかげで、新品みたいに直りました。
c0248067_14214198.jpg

お忙しいところお引止めして色々と教えていただき、ありがとうございました。


☆スズキ☆


お電話お気軽に♪ まるぜん ☎0184-22-5269


         ♪Facebookやってます♪

↓ぽちっと押してね↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
※類似イラスト、類似文章、類似ブログにご注意ください
[PR]

by maruzenjuutaku | 2014-10-02 10:07 | 営業日記 | Comments(0)  

修理屋さんは名探偵!?


IHヒーターの修理で、まるぜんにメーカーの修理屋さんが来ることになりました。


今回の修理は・・・
「朝までは使えたのに、突然、点火しなくなった。
 電源は入っており1ヶ所だけ使えるところがある。エラー番号は出ていない。」
というもの。なんだかめちゃめちゃな症状です。

メーカーに修理をお願いしたら、あいにく土日祝日をはさんでしまい
忙しいサービスマンが来れたのが故障してから5日後
(その間、お客さまにはまるぜんの展示品をお貸ししています)


IHヒーターの天板をガバっと外したところ。はじめてみる中身!!さすが電気!複雑です。
c0248067_8245611.jpg

故障個所をチェックをしはじめる修理屋さん。


すると・・・あれ??ちゃんと動く。なんで??確かに使えなかったのに!


「これは・・・吹きこぼしによる故障ですね。
 それもつゆとか煮物ではなくお湯です。おそらく朝に何かをゆでて吹きこぼしたのでしょう。」


なに?このおじさん、実はシャーロックホームズなの??それともコナンくん??


「吹きこぼして、天板のすきまからスイッチの裏側へ水気がはいりこんだのです。
c0248067_8494877.jpg

 そのせいで基板が濡れておかしな動きをしたのでしょう。
 そして、5日間使用しなかったことで内部が乾いて、正常に戻ったのです
 お湯だったからよかったものの、もし、これがつゆとか塩気のあるものなら、
 乾いても基板が完全にいかれていたでしょう。」


ほーーーー。


基板は機械の脳みそ部分。そこが濡れたり壊れたりすると、
故障していない箇所までおかしな動きをしだすんだそうです。


「よく、吹きこぼしはしていない、と言われるお客様がいるのですが
 天板を外してみて、ほら、ここを見ると一目瞭然
 吹きこぼしていないとここは汚れませんからね。」
c0248067_830207.jpg

(ここは操作ボタンの裏の所)


こ、こわい。。この人にウソはつけない(((( ;゚Д゚)))


「電話で依頼をもらったときに、品番と故障の症状をきいて、
 たぶん吹きこぼれによるものだと思いました。交換部品も用意してきています。」
(ここで、おじさんのメガネがキラリと光ったような気がします。)


…すげっ!!


長くなりましたので、明日に続きます!



☆スズキ☆


お電話お気軽に♪ まるぜん ☎0184-22-5269


         ♪Facebookやってます♪

↓ぽちっと押してね↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
※類似イラスト、類似文章、類似ブログにご注意ください
[PR]

by maruzenjuutaku | 2014-10-01 09:00 | 営業日記 | Comments(0)  

IHヒーターの故障?


IHヒーターの故障で一番多いのが、
「魚っこ焼いだば、
ブレーカー落ぢだっ!!」
というもの。

いきなりブレーカーが落ちたらびっくりしますよね!?


これの原因は何かというと、「油よごれ」なんです。


魚焼きグリルの奥にある部品に、
油がこびりついてしまって、感知できなくなり、
「危険」と判断してブレーカーを落とすのです。


こうなったら、もう奥の部品をまるっと交換しなければいけません。
修理代はおよそ1万円から2万円ほど。
痛い出費ですよね~(泣)

ではどうしたらいいのでしょう?


答えは「クリーニング」です。
クリーニングとは、庫内の取れきれない油汚れを焼き切ってしまう、ことです。

やり方は簡単。



最近の機種は、クリーニング機能がついていますので、
水受け皿と網を外して、
クリーニングボタンを押す
だけ!
c0248067_1082393.jpg

たとえば、こんなボタンです。
c0248067_1084726.jpg
こんなのとか
c0248067_108587.jpg

こんなのもあります。

機能がついていない機種の場合でも、
水を入れ、「魚焼・火力強」で15~20分空焚きするだけ、です。
(タイマー機能を使うと便利ですよ♪)



毎日お魚を焼くご家庭では、週に1度を目安に行うと良いそうです。




1度もクリーニングをしないでいると、
購入から2~3年で故障が起きることも!



せっかく便利なIHヒーターですので、
脂の乗ったおいしいお魚を食べた後は、
ちょっと手間をかけてお手入れしてあげてくださいね。


☆スズキ☆
[PR]

by maruzenjuutaku | 2012-03-28 13:55 | ショールームだより | Comments(0)