やってしまった。。。




大切にしていたお気に入りのお茶碗を割ってしまった。。。





c0248067_10542096.jpg







このお茶碗。

お茶やコーヒーなどを注ぐと、お花の形になって見えるもの。

ひとつひとつ職人さんが作ってくれる九谷焼の窯のもの。

しかも、このシリーズは現在作られていないもの。。。

c0248067_10555732.jpg









ショック。











あきらめ悪く、破片を捨てられないでいたらいいことを思いついた!



そうだ! 金継ぎしてみよう!!

=====================================

金継ぎとは・・・

割れたり、かけたり、ヒビの入ってしまった陶磁器やガラスを漆で接着し、接着部分を

金・銀・白金などで装飾し仕上げる日本古来の修復技術をいいます。

修理後の継ぎ目を「景色」と称し、破損前と異なる趣を楽しむもの。

c0248067_1144336.jpg

=====================================




さて。

思い立ったはいいが、調べてみると金継ぎの材料ってすごく高い。

ちょっとしたキットで7000円前後。

さすがに悩む。。。

でもどうしても捨てたくない。










悩み続けて早2ヶ月。

先日、思い切って金継ぎキットを注文しました!

この連休、じっくり取り組んでみたいと思います。




漆を乾かすのに湿度を保ったまま3~4週間かかり、そこからまたパテやペースト

漆を塗り蒔絵、完成までどうやら数ヶ月かかるモヨウ。

実際の工程や完成は随時報告していきますね。




お気に入りのお茶碗が金色の趣を纏ってさらにお気に入りになってくれますように。







あさおか











お電話お気軽に♪ まるぜん ☎0184-22-5269

お問い合わせはメールでも♪ maruzen@mail.edinet.ne.jp

Facebookもやってます♪

↓ぽちっと押してね↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
※類似イラスト、類似文章、類似ブログにご注意ください
[PR]

by maruzenjuutaku | 2017-09-16 11:19 | 日々のこと | Comments(0)  

<< い~な、男は。 まだ、いけます!! >>