迎え火

昨日、私が住んでいる地域で “迎え火” の行事がありました。

“迎え火” とは、先祖の霊を迎える野火で、町内では夕方頃から
墓地の下で焚いています。

家から迎え火まで松明(たいまつ)を持って行くのですが、稲わらの
調達が難しくなってきていて、我が家の松明は年々細くなってきています。
c0248067_1075486.jpg

c0248067_108349.jpg

ほとんどのお宅では、松明の代わりに提灯や電灯を使っています。



迎え火に到着すると、持ってきた松明を迎え火の中に入れて燃やします。
c0248067_1085917.jpg

子供たちは、久々の “火” にちょっと興奮ぎみ!!


そして、この場所から背中に先祖を背負って家に向かいます。

そのとき 「やってはいけないこと」 があります。

①後ろにまわいている手を離してはいけない。 → 背負っている祖先が落ちる。

②振り向いてはいけない。 → 祖先が戻ってしまう。この場合は、迎え火まで
  戻ってやり直し。



おばあちゃん、兄弟の3人で祖先を背負って半分くらいまで歩いたとき、
次男が蛇行しながら走り始め、そして...

なぜ、このタイミングなのか!?

突然、「R.Y.U.S.E.I.」を歌いながら踊り始め
背中にまわした手が離れていました。

何てバチ当たりな!!

「ばっちゃん、落ちてるじゃん。」

私も落ちたと思いました。必死にしがみついていたとしても、具合が悪くなったと
思います。


何とか玄関に到着!!
(これは、兄です。)
c0248067_1093260.jpg

この後、仏壇の前で先祖を背中から下ろして終了。


先祖が家に戻って来ていると思うと、家の空気がピーンと張り詰めるような
気がします。



W.Yamamoto
















お電話お気軽に♪ まるぜん ☎0184-22-5269

お問い合わせはメールでも♪ maruzen@mail.edinet.ne.jp

Facebookもやってます♪

↓ぽちっと押してね↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
※類似イラスト、類似文章、類似ブログにご注意ください
[PR]

by maruzenjuutaku | 2015-08-07 10:17 | 日々のこと | Comments(0)  

<< お盆のきもだめし(_ _|||) いいもの発見 >>