油切れに注意です


ボイラーやストーブなど、夏に比べて使用量が多くなる灯油。

オイルタンクの灯油を空にしてしまって
ヒヤッとした経験はないでしょうか!?

c0248067_143493.jpg

空になってもまた灯油を入れればいいのですが、
ときどき、ゴムホースに空気が入ってしまって
油がボイラーまで回れないことがあります。

空になってから灯油を入れるときは
できるだけ満タンに入れると
空気が押し出されて自然と抜けやすくなります。
c0248067_1433657.jpg

それでも空気が絡んでしまって抜けないときは
灯油を補充したのにもかかわらず
ボイラーは灯油切れの状態が続いていると判断し
エラーサインを出してしまうのです。


そういうときの対処法をちょっとお伝えしますね。


油タンクの灯油の出口で空気抜きをします。
(ボイラーやストーブにつながるところ)

黒いゴムのホースの先についているナットを緩め
灯油が出てきたら空気が抜けた、という事です。
ナットを緩めても外してみてもダメなときは
ゴムホースを少し吸ってみると通ります。

ボイラーは電源の入・切を何度か繰り返すと
空気が抜ける場合があります。

ボイラーの方のエア抜きはカバーを開けておこなうため、
やっぱりだめだ~というときはプロにお任せ!
まるぜんへお電話くださいね^^


☆スズキ☆

お電話お気軽に♪ まるぜん ☎0184-22-5269


         ♪Facebookやってます♪

↓ぽちっと押してね↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
※類似イラスト、類似文章、類似ブログにご注意ください
[PR]

by maruzenjuutaku | 2014-01-22 09:39 | 日々のこと | Comments(0)  

<< やられた!! 七福人。 >>