湿気の好きな。。。

とうとう今年も梅雨入りしてしまいましたね。。。

関東よりはマシと聞きますが、
やっぱりジメジメしますよね。


湿気が篭るとカビや雑菌が繁殖しますが、
大事なお家の大敵、シロアリも湿気を好みます。

タイルのお風呂の目地や敷居から入りこんだ含水率の高い
木材に、あっという間に集まってきます。



先日、風除室をご依頼いただいたお家にお邪魔しました。
跳ね出しのバルコニーの下を囲って風除室・サンルームにしよう!
という計画です。

早速下見に伺いましたが、何だかおかしいぞ・・・
あっっ!!! 柱腐れてる???
という事で、先ずは柱を直す事になりました。


外壁を剥がしてみると、予想以上の状態に!!!!!
c0248067_9252586.jpg

c0248067_9273610.jpg

c0248067_926616.jpg

単純に腐ってる部分もありますが、明らかにシロアリの形跡が見える柱も。
バルコニーの下端も、屋根との取り合い部分にまで腐食が及んでいました。

c0248067_9294170.jpg
c0248067_9294972.jpg


原因はというと。。。
第一に経年劣化でコーキングが切れてしまっていたこと。
第二にバルコニーの防水の劣化や排水のつまりなども考えられます。
又、バルコニーの柱や手摺部分は、形状によりどうしても外壁自体が細かく
コーキングで納める部分が多くなってしまいます。
元々リスクが高め!という事ですね。



さてさて。
へこんでいても始まらない!
幸い他の部分には腐食・シロアリ共広がっていなかったので、
早速新しい柱に交換します。

c0248067_9363591.jpg

足元は直接雨を吸い込まないように、ステンレスの柱受けでガード。
柱には透湿防水シートというものを張ります。
c0248067_9412441.jpg
c0248067_9413799.jpg

このシートは、内部の湿気を外に吐き出し、外からの水をブロックする
すごいパワーをもっています。
このシートの張り方一つ間違えても、雨漏りに繋がったりしてしまう
とっても大事な工程です。



あとは、外壁を張り、きっちりしっかりコーキングをすれば復旧終わりです!!

c0248067_944675.jpg
c0248067_9442439.jpg

これでやっと本来の風除室工事に取り掛かることができます。



お客様にとっても、ショックは大きかったかと思いますが、
今気づいて良かった~ と、少しだけ安心したのが本音でした。


さて、次回は風除室の施工例をアップしますよ。
柱も直して安心したところでカッコよく仕上るぞ~!!




社長の代理で書き込みました
あさおか でした


お電話お気軽に♪ まるぜん ☎0184-22-5269

↓ぽちっと押してね↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
※類似イラスト、類似文章、類似ブログにご注意ください
[PR]

by maruzenjuutaku | 2013-06-21 09:13 | 営業日記 | Comments(0)  

<< ことば 長府の展示車 >>