暖房のお話。

「日本では夜寒くて目が覚めたら、どうやって暖を取るの?」
ふと、韓国でガイドさんに言われたことを思い出しました。

そこで、春も近くなって参りましたが、
今日は暖房のお話を。


韓国は、昔から一般家庭にも
オンドル(温床)と呼ばれる床暖房が普及していて、
「家の中が寒い」なんて「ありえない」んだそうです。

・・・うらやましい。。


でも実は、まるぜんの事務所も
床暖完備なんです。
朝から10時頃まで運転すると、もう消してしまいます。
余熱だけで夕方まで暖かいから(!)です。


しかし今シーズンは、
FFストーブ界のホープ、アグレシオ
メイン暖房の座を奪われてしまいました。
c0248067_11175322.jpg

これ、
遠赤外線で
暖めてくれて
ヒトは
体の芯から
ポカポカします。

かなりおすすめです。


形も美しく、スタイリッシュ★コロナさんの製品です。


今ではもうあまりみかけない、大きな暖房用ボイラー。
c0248067_11112578.jpg
床暖房だけでなく
ロードヒーティング
も兼ねています。

ショールームの前の駐車場は、
ロードヒーティングなのです!!


エコのため、
雪寄せは出来るだけ
自分たちでやっていますが、


どうにもこうにも
雪を寄せる所が無くなったとき、

ここにボンボン投げるだけで雪を溶かしてくれるのでとーーっても便利です。


意外と雪の多い由利本荘地域、
住宅街で雪捨て場に苦労していませんか?


どうぞご相談下さい、きっとお力になれると思います!




ちなみに・・・
わたしが冬ねむるときの暖房は、電気シーツと
充電式の湯たんぽです。
c0248067_1120228.jpg

これはかなりのスグレモノ!

朝まで
ぽっかぽかで
ぐっっすりです。


(困っちゃうほど)



問屋さんから勧められて、もう数年お世話になっています。
今のは2代目。

こちらもまるぜんで注文できますよ。


☆スズキ☆
[PR]

by maruzenjuutaku | 2012-03-14 11:04 | 施工例 | Comments(0)  

<< 手書きのご提案 小顔フェスティバルin由利本荘!! >>